日常

日々起きるいろいろなこと、その中で感じたことなど

imotos.net停止

更新手続きを忘れていて、imotos.netが2013-03-03以降使えなくなっておりました。

現在は復旧させました。

メーリングリスト等も全てエラーになっていたと思います。申し訳ないです。

Honda Odyssey新車購入

車検が近付くと、決ってこの車にはあと何年乗ることにしようかと悩む。バブルの時代は3年とか、長くても5年とかで次々と新しい車に乗り換えることがそれほど珍しくもなく、リースで購入というのも一部で流行していた。平成2年に社会人一年目を迎えたまさにバブルの申し子である私は、しかしながら祖父譲りのなかなか古い物が捨てられない性格の故、できるだけ長く乗って最後は乗りつぶして次の車に買い替えるのが理想と思ってきた。

東京都恩賜上野動物園

動物園に行こう!

子供が動物園や水族館好きだということもあるが、「旭川市の旭山動物園に習って各地の動物園が展示方法をいろいろと工夫してきており、年間入場者数で不動の一位を誇り各地の動物園の見本でありつづけてきた上野動物園もまたいろいろな工夫を始めた」という記事を最近読んで行ってみたくなったこともあり、 上野動物園 に家族で出かけることにした。昼少し前に家を出て、地下鉄の駅につく直前に雨が降り始めた。私も妻も緻密に予定を立てて行動するのは好きでは無い。無論のこと幼稚園児の長男やまだ2才にならない長女が事前に天気予報をチエックしておくはずもない。歩きながら雨にふられて慌てて携帯で天気予報を調べるてみると曇時々雨、駅の入口に飛び込むとほぼ同時にかなり本降りになってきて、ベビーカーを押して雨の中を濡れながら自宅まで帰る気もせず、ともあれまずは上野を目指すことにした。

熊、あるいは声に出して読みたくないディズニー童話

子供が出来ると、いつの間にか家のなかにディズニーのビデオやDVDや絵本や紙芝居が転がっているようになる。例えば「三匹の子ぶた」のビデオと紙芝居がある。小さい子供がいると、「もう要らなくなった」などと言ってお古をいただくことが多い。子供は喜ぶし、一見情操教育的にも良い物のように思われるので、そのまま与えることになる。

確定申告

所得控除

医療費控除

確定申告の季節になった。無論私のような勤め人は勤め先で源泉徴収&年末調整されているので通常確定申告の必要はない。しかし私も今年は本厄の年、身体の元気も、もう下り坂という感がなくもない。これからは きたえるというよりは維持するということを考える年になった ということである。昨年は手のケガで手術をしたことが響き医療費がかさんだ。

寄付金控除

役職員の飲み食い代に消えているなどといった批判も耳にはするが、それでも半分くらいは有効利用されていることを期待して、毎年 日本ユニセフ協会 にほんの少しだけ寄付をしている。これら寄付金も、年間の寄付総額から¥5000を引いた額が控除出来る。ちなみに新潟地震の際に職場で寄付しようと封筒が回ってきたが、ああいうのに寄付金をいれるようなばかなことはしない。地方自治体への寄付は寄付金控除の対象になるから、寄付するなら直接自治体(例えば新潟地震ならば新潟県)に振り込み、領収書をもらうことである。職場の回覧や街頭で募金すると無名の募金になってしまうが、領収書をもらえば寄付額の一部、例えば¥10000の寄付に対して¥1000が税金の還付金として戻ってくる1。言い替えれば¥9000寄付すると¥1000を 国が補助してくれる ようなものである。最終的に¥10000を寄付してもよいと思っているのならば、¥11000を寄付して確定申告する方がよいのである。

コンテンツ配信